読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんやかんやてんやわんや

大目に見て下さい

初めての確定申告 続き

昨日の続きを書きます。
 
前回のブログで確定申告を終えた結果10万円納めなければならないとのことで、そのまま税務署に行きました。
 
税務署に着き、受付で事情を説明。
担当の税理士さんがすぐにでてきてくれました。
そして、一通り説明して、どうしてこんなにも税金を払わなけばならないか聞くと、僕は去年に転職しているので、「本来なら一ヶ所の給与に掛かる税金が二ヶ所とも掛かっているからかもしれませんね」ということみたいでした。
あまり納得いかなかったのですがそういうことなら仕方ないかーと思っていたら、税理士さんが「ん?これちょっとおかしいですね?」と言いだし、給与の金額を見ているとどうやら現職でもらった源泉徴収票には、
「前職の給与に現職の給与を足した額」
が記載されていたのです!
ということは
「前職の給与に現職の給与を足した額の源泉徴収票
「前職の給与の源泉徴収票
を提出したので前職の給与を二重に申告したので10万円も払わなけばならない計算になったようです。
源泉徴収票をよく見ていなかった僕が悪いのですが、まさか源泉徴収票が前職の給与も含めているとは思わなかったし、前職の源泉徴収も必要と聞いていたので何も疑問に思わず提出してしまってました。
なんとかここで気付いたので税理士さんが後日提出したものを回収して再度計算して僕の自宅に郵送していただけることになりました。
正しい計算でいくと過不足どちらにしても1万円ぐらいになるということで、本当に安心しました笑
税理士さんがすごく頼もしく見えました。かっこいいですね!税理士!
 
そんなわけで僕の初めての確定申告はこんな感じで終わりました。
金額の誤りや見落とし等がなければ案外難しいものではないなと思いました。
 
でも、もし金額の入力を間違えた場合や今回の僕のようにミスをした場合でもそのまま受理されてしまうこともある(もしかしたら後から間違いが判明する場合もあるかもしれないので一概には言えませんが)ので、しっかり確認しないといけませんね!
広告を非表示にする