読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんやかんやてんやわんや

大目に見て下さい

高橋歩さんのトークライブ終了後の話。初対面の人に話しかける難しさとかについて考えた

こんばんは。

高橋歩さんのトークライブ終了後の話です。
「てか何記事にも分けずに一つの記事にまとめろや!」
と思い方もいるでしょう。
いやー僕もそうしたいんですけどねー笑
なかなか一気に書く時間がなくて笑
そしてこうして記事を分けることにより、同じテーマで複数の記事を書けるという笑
いや、本当に時間の関係です笑
あ、でもそういう気持ちもちょっとあります笑
でも本当に長々書いてると日付変わりそうなんで笑


えーでは本題に入ります。

僕と一緒に行った友人はトークライブが終わって感想を言ったりしていました。
二人とも高橋歩さんという会いたい人に会えた興奮とトークライブでモチベーションが上がっていたのですが、少し微妙な気持ちにもなっていました。

それは僕たちが会場の雰囲気に飲まれていたことです。

僕たちはこのトークライブを通してなにかいい出会いがあればいいなとおもっていたのですが、会場に着いてみると、想像していたより年齢層が若くて、その雰囲気に飲まれて、誰とも会話することができなかったからです。
僕たちは今後いろんな人と出会いたいと思っています。
でもこの日誰にも話しかけられなかった僕らは自分たちの積極性のなさ、人に話しかける勇気のなさに反省していました。
「ここで誰にも話しかけられないようでは、この先誰にあっても話しかけることなんてできない!僕たちはもっといろんな人と出会いたいと思っているんだから、ここで初対面の人ともはなせるようにならなければ!」

僕は初対面の人に自分から話しかけたりするのはそんなに得意ではありません。
話も上手だとは思いませんし。
あぁ、コミュ力ある人が羨ましい笑

でも、そんな自分を変えたい思いもありますし、なによりそんなことではこの先本当に自分の人生を変えることができない。
高橋歩さんもトークライブの中で
「チャンスとか良いことっていうのは攻めている人間にしかやってこない。守りに入っていてもなんにも起こらない」
と言っていました。
自分から何もせず、話しかけてもらえることに期待しててもはじまりません。
そりゃあ自分から話しかけることもしないでいい出会いもなにもないでしょう。

わかってはいるんですけどね〜
言うは易く、行うは難しですよ笑


でも、交流会では自分の殻を破って喋りかけよう!と二人で決意しました!
せっかく行くのだからなにもせずに終わるのは勿体無い。こういう機会もそんなにあるわけじゃない。なにより自分たちが楽しみたい!
そんな思いを2人で再確認しました笑


ちなみに一緒に行った友人も僕と同じぐらいコミュ力のない人間です笑
そんな2人が交流会でどう変われるのか。

チャンスがあれば高橋歩さんとも喋れるし!


続きはまた明日笑
広告を非表示にする