読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんやかんやてんやわんや

大目に見て下さい

「デキる大人の文章力教室」を読んで文章の書き方をちょっと勉強してみた。

ブログの書き方、そもそも文章の書き方について考えたりすることはあったけど、それについての本は読んだことがなかったので、小林洋介さんの「デキる大人の文章力教室」(2013年6月30日、日本文芸社)を買って読んだ。 ブログの書き方についての本もあるけど、まずは文章の書き方から勉強しよう、という理由でこの本を選んだ。

 

 

デキる大人の文章力教室

デキる大人の文章力教室

 

 

本の概要

文章を書くことが多いビジネスマン向けの、少し堅い、教科書のような印象をうけた。しかし、読みやすいレイアウト、わかりやすい説明がされているので、僕でも読めた。
 
シンプルに書くこと
語句や意味の重複を避けること
敬語と文末表現
読点、句点の使い方
主語、述語の関係
導入、本論、結論の構成
文章の展開
 
などの、基本的なルールを一通り学べる1冊となっている。
 

 ブログの書き方について

あー疲れた!
真面目に書くのって難しい!普段意識せずに適当にブログ書いてるんでちゃんと書こうと思ったらすごい疲れた!たったこんだけなのにw
でも、ちゃんとした文章も書けるようになるには訓練が必要なんだな!
ほんでやっぱ本の感想は難しい!
 
僕はブログでふざけたことも書きたいし、真面目なこと書きたい時もあるし、なんかその都度あれ?これキャラ違うんちゃう?って思うことあったりするけど、ブログやしええんちゃう?ってかそもそもキャラ設定とかしてブログ書いてないし。(でもしっかりした文章ですごいいい事書いている人とか憧れるからそういう人にわたしはなりたい。でもめっちゃおもろいこと書いている人にも憧れるからそういう人にもわたしはなりたい)
 
でもすごい堅い文章で真面目なこと書いている時もあれば、ウェーイwみたいな事書いてるのもどうなん?って感じするけど…
かと言ってブログを複数に分けて書くのもめんどいし絶対続かないと思う。
テーマは一貫している方がいいだろうし、口調、書き方も一貫性がある方がいいだろうけど、今のままでとりあえずやっていきます!
 

まとめ

本の感想に戻るけど、ブログはここまでちゃんとしたルールに則って書く必要はないかなと思ったけど、勉強になったところはいっぱいあった。
一番思ったのは文章をシンプルにすること。
ちゃんと考えれば省ける言葉や、同じ言葉を何度も使うことを避けたり違う言い回しにしたり長すぎる文は複数の文に分ける等してシンプルな文にすることを心掛ける。
 読点、句点の使い方を考える。もっと意識していい文章を書けるようになろうと思った。
あとは本の感想がスカスカすぎるからもっとしっかり書けるようにならないとw
訓練!
 
 
 
 
 スポンサーリンク

 

広告を非表示にする