なんやかんやてんやわんや

大目に見て下さい

鬼優しいって優しいの?鬼なの?どっちなの?

今日電車に乗っている時に、高校生ぐらいの若い女の子の会話が聞こえてきた。

 

「○○君ってさ、ほんと超やさしいよね。もう鬼、鬼優しい!」

 

「ほんとそうだよねー!もうまじで鬼優しくてヤバイ!」

 

まぁ言いたいことはわかる。

 

とても

すごく

非常に

大変

ものすごく

極めて

この上なく

滅茶苦茶

世界一

 

どの程度なのかを表す程度副詞(あんまりよくわかっていない)はいっぱいあるけど、彼女らの中で最上級を表すのは「鬼」ってことなんだろう。

 

スポンサーリンク

 

 

つまりこの○○君の優しさは、彼女らの中で一般のそれとは比べ物にならないほどであったが故に、最上級の「鬼」が使われたのだろう。あっぱれだ○○君。

 

しかし彼女らの○○君への称賛は続く。

 

「もうほんと鬼の優しさ!」

「鬼みたいに優しい!むしろ鬼より優しい!」

「まるで鬼!まさに鬼!リアル鬼!」

 

ちょっと待て、後半ただの鬼やんけ。リアル鬼ってなんやねん。優しさはどこへ。って突っ込みたくなったってかちょっと吹き出しそうになった。

 

リアル鬼ってなんやねん。

 

いやこれ盛りすぎだしむしろ褒めすぎて軽く馬鹿にしているように聞こえますが。

 

そもそもここまでは優しさの程度を表すため、優しさを修飾するために「鬼」という言葉を使っていた。

 

しかし後半では鬼みたいに、まるで鬼、と比喩的な使い方をしている。

 

鬼と言われて想像するのは

 

強い

怖い

恐ろしい

冷酷

残忍

 

など一般的に恐ろしいイメージであろう。

にもかかわらず鬼のように優しいという使い方だと、まるで鬼が極めて優しいものということになる。

 

天使のような笑顔

岩みたいに硬い

人生とは旅のようなものだ

 

ごく自然だ。これは喩えて置き換えているから成立しているのであって、喩えられないものを出すと途端に違和感が生まれる。

 

マグマのように冷たい

鋼鉄のように柔らかい

刑務所生活は天国のようなものだ

 

どうだろうか?矛盾、違和感しか感じない。

鬼のように優しいもこれらと同様に本来なら成立しないはずだ。

 

しかし彼女らはなんの違和感も感じない、むしろその「鬼」の使い方が当たり前であるかのようにごく自然に会話を続けている。

 

まさかこれは彼女らが間違った使い方をしているのではなく、彼女らの中では鬼は優しいものという認識なのではないだろうか?という疑問が僕の頭に浮かんだ。

 

もしそうならば後半の

 

むしろ鬼より優しい!リアル鬼!」

 

にも説明がつくし納得がいく。

 

鬼が恐れらていたのは過去のこと。鬼は本当は優しいものなんだよ。

 

現代の若者は幼い時にそう教えられたのかもしれない。

 

鬼が怖いという考え方は、後に差別意識を生む可能性も孕んでいる前時代的な考えで、

今の時代にはそぐわないのかも知れない。

 

今を生きているこの子たちには鬼も人と同じような優しさを持ち合わせているんだ、むしろとっても優しい存在なんだよ、みんな仲間なんだ。

 

この考え方が現代の若者である彼女らの心にはあるのかもしれない。

 

 

などということは、決してないだろう。

 

電車を降りた後の僕はきっと、鬼ように優しい顔をしていたに違いない。

 

広告を非表示にする